.
.
.
.
.
.
デメーテルに関する意見や情報交換の場所として、お気軽にご活用下さい。
なお、営利目的の書き込みはお断り致します。


また、誹謗中傷や社会倫理に反する投稿があった場合は、
本人の同意を得ずに掲示板管理者が削除することがあります
.
.
. .
お名前
.
メールアドレス
.
メッセージ
.
削除用パスワード
.
.
.
. .
.
.
.
.
.
.
. . .
たかだ [mail] 2003/8/23(土) 23:32:10
.
. .
.
. .
明日夜19:00より、緑ヶ丘公園内、帯広百年記念館で
デメーテル学校開催デス!!みなさま、ぜひぜひお越しくださいませ(^o^)丿

■■■デメーテル学校 #014 談話編■■■
【クンスト・ヘイゲンの作家たち セッション 2】

先日のおびひろ平原祭りの期間中に開催された「クンスト・ヘイゲン」に関連して現在、「サマースクール」と題したプログラムが開催され、参加アーティストが帯広市内の公立 学校に滞在しながら、空き教室をアトリエに作品制作を行っています。デメーテル学校では、セッション1に続いて、このクンスト・ヘイゲンのサマースクールを実施しているア ーティストの徳永昭夫さん、藤原雅哉さんのお2人にお越しいただき、最近の作品や帯広 で行う活動 等についてお話いただきます。レクチャー後は会場を百年記念館前の木立の中に移し、交流会 を行います。皆様お誘いあわせてのうえ、ぜひお越しください。

■徳永昭夫■藤原雅哉■
と  き:8月24日(日)19:00〜
と こ ろ:帯広百年記念館 1階 2号室
    :帯広市緑ヶ丘2番地
参 加 費:1000円(交流会費)
[レクチャー]19:00〜20:00
[交 流 会]20:15〜21:30

主  催:デメーテル学校運営会  
協  力:クンスト・ヘイゲン実行委員会

≪徳永昭夫≫とくながあきお。アーティスト、ダンスパフォーマー。ワイヤーやタイヤ等、身近な素材を用いたインスタレーションやパフォ−マンスを国内外で展開。帯広では花園小学校に滞在、また8月24・26 日の2日間はペットボトルを用いた点 灯イベントとダンスパフォーマンスを行う。

≪藤原雅哉≫ふじわらまさや。アーティスト。国内各地を訪れ、その滞在先に「小屋」や「空間」を作り出すパフォーマンスを展開。不定期で開催される様々なプロジェクトにより、近年「さすらい系アーティスト」とも呼ばれている。栄小学校に滞在し「ひと夏のひ・み・つ」と題したワークショップを実施する。

<ご案内>
徳永昭夫ワークショップ

■とかちジュニアフォーラム
『感性の冒険 アーティストと一緒に
        「光の作品」を創ろう』
日  時:8月24日(日)、26日(火)
会  場:帯広市児童会館第1講堂(24日)
     緑ヶ丘公園(26日)
参 加 料:大人500円、小人300円
定 員:30人(定員に達し次第締切)
問 合 せ:十勝毎日新聞社事業局 
tel.0155-22-7555

■クンスト・ヘイゲンとは…?
クンストとはドイツ語で芸術の意味、ヘイゲンとは「平原」のカタカナ表記です。招待作家(磯崎道佳、ログズギャラリー)と参加作家(伊藤ひろ子、井上信太、KOSUGE1-16、徳永昭夫ファミリー、藤原雅哉)の計7名(組)が帯広市内に滞在し、平原まつり期間中のアートフェスティバル、小学校の空き教室をアトリエに作品制作やワークショップを開催します。詳細はホームページで。
http//:www.kunst-heigen.jp

<お問い合わせ>
080-0846 北海道帯広市緑ヶ丘2番地 緑ヶ丘公園内
≪デメーテル学校運営会≫
E-mail:demeterschool@hotmail.com 
tel.090-2075-5792 (寺嶋)
http://www.haginofarm.com/demeterschool
.
.
.
.
.
.
. . .
たかだ [mail] 2003/8/20(水) 21:34:52
.
. .
.
. .
■■■詳細決定!!デメーテル学校#012劇場編■■■
【ナイトシアター for 未来風景vol.1】

と き:8月21日(木)20:00〜(開場19:30)
ところ:noise ノイズ
    帯広市西2条南10丁目20 春陽堂書店2F
    tel.0155-27-5620
お 話:岸健太(建築家)
参加費:¥1,500(1ドリンク付)
主 催:デメーテル学校運営会
協 力:noise ノイズ

デメーテル学校では、昨夏の「とかち国際現代アート展デメーテル」招聘作家、岸健太氏の来帯にあわせ映像をふんだんに使ったレクチャーを、帯広市内の劇場空間バー「noise ノイズ」にて開催します。スクリーンに映し出される映像を見ながら、都市風景の未来を解き明かします。たとえば映画にみる虚構と現実。もしも生まれた瞬間から映画のセットの中で生きていたら・・・それはあなたにとって他人事ではないかもしれません。何気なく見ていた映像や風景の中に未来風景をひも解く鍵を見つけて、自分の街の将来をちょっとだけリアルに想像する夏の夜。最新の都市景観写真や映像を引用しながらのレクチャーの夕べ。美味しいお酒を飲みながらリラックスして楽しめるデメーテル学校劇場編です。★熱烈観劇!真実人間劇(都留宇万笑!?)

◎講師略歴:岸 健太(きしけんた)
建築家。デメーテル学校運営会員。TemasekPolytechnic(シンガポール)招聘講師。2000年作品『URBAN ANCHORING』、アルヴァ・アアルト・国際建築シンポジウム&ワークショップ(フィンランド)。2001年 東京芸術大学美術学部建築科常勤助手。2002年「とかち国際現代アート展デメーテル」招聘作家。現在、東京工業大学建築学科非常勤講師を務める。

※今回は「noise ノイズ」のご協力により、開催決定!!ちなみにこのお店、30種余りのワインを常備し、フレッシュジュースで作るカクテルが美味。
______________________

《デメーテル学校運営会》
E-mail:demeterschool@hotmail.com
tel.090-2075-5792(寺嶋)
.
.
.
.
.
.
. . .
たかだ [mail] 2003/8/12(火) 01:52:14
.
. .
.
. .
デメーテル学校 #013 談話編
【クンスト・ヘイゲンの作家たち セッション1】

2002年の『とかち国際現代アート展・デメーテル』続いて、今年は「おびひろ平原まつり」でアート・フェスティバル「クンスト・ヘイゲン」が帯広駅前北多目的広場を会場に開催されます。8月14日から16日にかけて、作品展示やワークショップ、パフォーマンスや映像上映などが日替わりで開催されるプログム。デメーテル学校では、クンスト・ヘイゲン招待作家の磯崎道佳さん、参加作家の井上信太さん、KOSUGE1-16さんの3名(組)を迎え、最近の活動等についてお話いただきながらの交流会を開催します!参加型アートならではのあんな話こんな話…。平原まつりをしっかり堪能した後は、アーティストとの素敵な夜を過ごしましょう!皆様、ぜひご参加ください!

■磯崎道佳&井上信太&KOSUGE1-16
と  き:8月15日(金)19:00より
と こ ろ:FLOW MOTION フローモーション
帯広市西5条南13丁目9番地
tel.0155-21-5506
参 加 費:1000円(駄菓子+1ドリンク付)
主  催:デメーテル学校運営会 
協 力:クンスト・ヘイゲン実行委員会、
FLOW MOTION

≪磯崎道佳≫
いそざきみちよし。パフォーマンスやワークショップ等により社会との関係性や共同による創造の過程を重視する「コミュニケーション」をテーマにしたプログラムを国内外で開催。帯広では『パラシュートとマキオ』という作品を制作。

≪井上信太≫
いのうえしんた。平面作家。描かれた羊を放牧するパフォーマンス『羊飼いプロジェクト』を世界各国で開催。インスタレーションや映像作品を制作する傍ら、ヨーロッパやアフリカなどで和太鼓奏者としても活躍している。

≪KOSUGE1-16≫
土谷享(つちやたかし)、車田智志乃(くるまだちしの)で構成されたパフォーマンスユニット。映像によるインスタレーションや自宅を開放したオープンハウス形式のパフォーマンス等、住空間や生活をテーマに様々なプロジェクトを国内外で展開。

□クンスト・ヘイゲンとは…?
クンストとはドイツ語で芸術の意味、ヘイゲンとは「平原」のカタカナ表記です。招待作家(磯崎道佳、ログズギャラリー)と参加作家(伊藤ひろ子、井上
信太、KOSUGE1-16、徳永昭夫ファミリー、藤原雅哉)の計7名(組)が帯広市内に滞在し、平原まつり期間中のアートフェスティバル、小学校の空き教室をアトリエに作品制作やワークショップを開催します。詳細はホームページで。URL http//:www.kunst-heigen.jp

□8月14日(木)20:00〜
ログズギャラリーの
アーティスト・トーク
(クンスト・ヘイゲン会場内)

□8月17日(日)17:00〜
クンスト・ヘイゲン会場撤収後、
場内にて打上げあり!(会費制)

■8月21日(木)20:00〜
デメーテル学校 #012 劇場編
ナイトシアターfor未来風景 vol.1
講師:岸健太氏 会場:noiseノイズ

■8月25日頃の予定
デメーテル学校 #014 談話編
クンスト・ヘイゲンの作家たち
セッション2

<お問い合わせ>
080-0846 北海道帯広市緑ヶ丘2番地 緑ヶ丘公園内 
≪デメーテル学校運営会≫ 
E-mail:demeterschool@hotmail.com
tel.090-2075-5792 (寺嶋)
http://www.haginofarm.com/demeterschool 
.
.
.
.
.
.
. . .
たかだ [mail] 2003/7/26(土) 20:55:27
.
. .
.
. .
デメーテル学校 #010 談話編
【インゴ・ギュンター氏を迎えて】

昨年夏に開催された「とかち国際現代アート展デメー
テル」の招聘作家インゴ・ギュンター氏が再び帯広を
訪れる!デメーテル学校では作家の来帯にあわせて
交流会を行います!

交流会は十勝千年の森でのレクチャー後、会場を帯広に
移して開催。昼間レクチャーに行った人も行けなかった
人も、聞きたかった、 聞けなかったいろんな話、いろ
いろ質問してみては?もしかするとレクチャーで用い
た映像を見せてくれるかも!?今月初めREOPENした「F
LOWMOTION/フローモーション」で、昨夏の競馬場での
感動に思いを馳せつつ、にぎやかなひとときを過ごしま
しょう。

■交流会
と き:7月27日(日)19:00より
ところ :フローモーション
     帯広市西5条南13丁目9番地
     tel.0155-21-5506
参加費:1500円(フード+1ドリンク付)
問合せ:デメーテル学校運営会 tel.090-2075-5792(寺嶋)
     E-mail:demeterschool@hotmail.com

lngo GUNTHER
インゴ・ギュンター:1957年ドイツ生まれ。
ニューヨーク在住。ランドサット衛星の地勢データを
独自に解析した作品を発表、ドクメンタ8(1987)で注
目を集める。 「ワールドプロセッサー」「難民共和
国」などテクノロジー・政治・経済・軍事に関わる作
品を制作。98年デュッセルドルフで大規模な回顧展が
開催された。2002年とかち国際現代アート展デメーテ
ル招聘作家
________________________________________________

「デメーテル」に出品されたゆらゆら揺れる金色の馬の
骨の作品『時折、形を成す中小210の断片』が十勝千年
の森ののサイロに甦ります!7月24日から27日まで
の制作設置に続き、最終日午後には作者自身のアート活
動 や過去の作品、今回の作品などについて触れるレクチ
ャーも行なわれます。

■作家レクチャー
と き:7月27日(日)14:00から1時間程度。
ところ:十勝千年の森(入場無料) マンサードホール2階
問合せ:十勝千年の森 tel.01566−3−3000 (瀧川)
_________________________________________________
TAKADA keiko
高田佳子
.
.
.
.
.
.
. . .
高田佳子 [mail] 2003/7/6(日) 09:40:10
.
. .
.
. .
■大作戦ついに決行!本日午後1時から!
≪デメーテル学校 #005談話編≫
◆ベネチア・ビエンナーレ爆笑報告会◆
◆ベネチア大作戦サマーツアー2003◆◆

と き:7月6日(日) 12:30開場
【報告会】13:00〜15:00【交流会】15:30〜17:00

ところ:北海道立帯広美術館 講堂 tel.0155-22-6963
参加費:1000円(交流会費込)

◆水の都で出会う最新のアート!
伝統ある水の都・ベネチアで2年ごとに開催されている世界最大の国際現代アート展
「ベネチア・ビエンナーレ」。100年を越える歴史を持つこの芸術の祭典には、アメリカ館やドイツ館など60ヵ国以上の参加国の最新のアートの動向が紹介されます。
記念すべき50回目を迎える今年は6月15日から11月3日まで開催。総合テーマは「夢と衝突」、注目の日本館のテーマは「ヘテロトピアス/他なる場所」です。

◆「夢と衝突」する爆笑報告会!
毎年、世界各地のアート展を突撃リポートしているパルコキノシタ、新川貴詩、曽我高明の懲りない3人が、その開幕初日に乗り込み、帰国後、日本縦断報告会を行います。出品作品の紹介はもちろん、アーティストのコメントやポートレイト、現地の映像、そしてパルコキノシタの新作パフォーマンスなどをたっぷり盛り込んだライブでマルチなレクチャーショーです。

◆ドリンク片手に世界のアートを!
さらに帯広会場では報告会に引き続き交流会(フード&ドリンク付)に突入、飲み物片手に世界の現代アートを気軽に、愉快に語りましょ。旧来のレクチャーの枠を破る笑いに包まれたインタラクティブなコミュニケーションのひととき。お誘いあわせのうえ、ぜひお越しください。

◎出演者プロフィール

・パルコキノシタ≫
アーティストの傍ら、マンガ家、イラストレーターとして活躍。89年日本グラフィック展パルコ賞受賞。現在、創形美術学校で教鞭をとる。

・新 川 貴 詩≫
美術ジャーナリスト。著述に加え展覧会も企画。現在、早稲田大学文化遺産デジタルアーカイブ研究所主幹研究員、宮城教育大学教育学部非常勤講師も務める。

・曽 我 高 明≫
現代美術製作所ディレクター。若手アーティストの個展やイベントを多数企画・開催。現在、武蔵野美術大学基礎デザイン学科にて非常勤講師も務める。

*「ベネチア大作戦サマーツアー2003」は「アサヒアートフェスティバル2003」の参加プログラムです。

*「ベネチア大作戦サマーツアー2003」
詳細はこちら →http://www.ask.ne.jp/~factory/

*「アサヒアートフェスティバル2003」
詳細はこちら→http://www.asahi-artfes.net/

《デメーテル学校運営会》
E-mail:demeterschool@hotmail.com 
tel.090-2075-5792
.
.
.
.
.
.
. . .
yousuke 2003/7/1(火) 13:37:55
.
. .
.
. .
最近代官山のカフェに行ったときに偶然やっていた画家の個展!!その絵がなんとも言えない不満の顔をした女の子と達!!かなりぶさいく顔。でもユーモラスでなんか憎めなくてプッて噴出してわらっちゃった。是非皆様にも見てもらいたくて!!bbsもあったから感想とか書き込むのもおすすめ!!http://homepage.mac.com/kanako9/
.
.
.
.
.
.
. . .
芸工大 2003/6/30(月) 17:20:37
.
. .
.
. .
偶然と必然 6人のかたち
2003.07.28(月)−08.02(土)
ギャラリーせいほう/東京都中央区銀座8−10−7
11:00−19:00 (lastday−17:00)
opening party 07.28 17:00−19:00

東北芸術工科大学大学院4名と京都造形芸術大学大学院2名による彫刻展。
.
.
.
.
.
.
. . .
松下 博典 [mail] 2003/6/20(金) 21:52:51
.
. .
.
. .
はじめまして。
帯広からカキコしております。
グリーンパークの「耳と耳の間」、大好きです。 たしかに自然がいっぱいの景観からは浮いていますが、太陽が完全に落ちた後のあそこの雰囲気はあそこでしか味わえないものです。 私は仕事帰りに何度も立ち寄って雰囲気をじっくり味わい、気持ちの整理をゆっくり付けるのが好きなのです。 本当に落ち着きますよ。
昼間は人工物が目に付いてしまいイヤだ、という意見もわかります。 違和感はありますからね。 ただ、伊藤さんの言われる「新しい風景」の真価を暗くなってから自分の目で確かめ、じっくり見てみる気持ちの余裕を持ちましょうよ。
今年もまた夕方以降展示再開されるのを期待して待っています。
.
.
.
.
.
.
. . .
LoopLine [mail] 2003/6/14(土) 12:58:19
.
. .
.
. .
はじめまして。4月に千駄ヶ谷にオープンしましたアート&ミュージックカフェ「LoopLine」と申します。LoopLineでは現代アートとエレクトロニクスミュージック・ポストロックを中心の最新音楽・アートを聴きながら(見ながら)
コーヒー、お茶を飲めるカフェです。夜はお酒も飲めてまた違う雰囲気を味わうことができます。またイベント会場、ギャラリーとしても提供いたします。DJ.VJによるライブイベント、劇場では見ることのできないインディーズフィルムなどの上映会も企画しています。カフェが好きな方、アートが好きな方、音楽が好きな方はぜひ足を運んでみてください!そして個展をやりたいというアーティストの方、DJ,VJイベントやりたいという方も同時に募集いたします。
http://www.loop-line.jp
宜しくお願い致します
.
.
.
.
.
.
. . .
伊藤忍 [mail] 2003/5/28(水) 18:19:07
.
. .
.
. .
ikeda 様、
デメーテル展作品・作家担当をいたしました伊藤と申します。
緑ヶ丘公園に設置されている作品「耳と耳の間」について、貴重なご意見をいただきましてありがとうございます。この作品は、デメーテル展終了後、作家の岩井成昭氏から帯広市に寄贈されまして、帯広市の管理のもとに雪と鴨の営巣のシーズンを外した期間、展覧会開催時と同様に点灯していただくことになっております。また、その旨記載した看板なども設置される予定と聞いております。
ikeda様のおっしゃる「約束」が何を指しておられるのか分かりませんが、人工物が目に入らない十勝池の風景をこよなく大切に思われていらっしゃったのだと思います。それが損なわれてしまったことに対しては、大変申し訳ないことと思います。しかしながら、あの場所に十勝のための作品を設置した風景を残して欲しい、と言う声が少なからずありましたのと同時に、作家ご本人からの希望も一致したため、寄贈と言う形をとって継続して展示させていただくことになりました。

ikeda様のお気持ちとして受け入れ難いものもおありかとお察しいたしますが、十勝池の新たな風景としてお心にとりこんでいただくことはできないでしょうか? 夕暮れ時にあかりの灯ったネオン管と背景の暗い梢、鴨のたてる水音、水面の波紋、こういった作品と自然が一体となった光景を楽しみ、しみじみと味わっていただけることを関係者一同、心より願ってやみません。
.
.
.
.
.
.
.
.
.